元うどん

真面目です。

でんわこわい

電話が嫌いだ。嫌いという表現はあまり使わないようにしていて、だいたいは苦手に言い換えている。でも電話は嫌いでいい。自宅にかかってくる電話は特に嫌いだ。便利なツールではあるのはわかっている。

火にかけた鍋を忘れて出る。機械音声が流れてくる。アンケートにしても、音声だと時間かかり過ぎだ。用事の途中に急いで出て物売りだったらイラッとする。電話で売るなよ…何もかもわからない品物なんかに金を使える人がいるのか?ファクシミリで広告流すのもやめろ。一枚とはいえ紙が勝手に使えなくなるんだぞ。

電話の通話も基本短く簡潔にしている。スマホのプランが通話をほぼしない人用なのもあるけど、一分もかからず切る。格安スマホで費用は一月だいたい二千円いかない。

 

身内の要件で、一時期、嫌な相手方から何度も電話を受けねばならなかったことがあった。それから家にかかってくる電話のたびにその事を思い出してうっすらと怯え、身構えて、気分が悪くなる。よほど嫌だったのだと思う。よほど嫌だった。我慢してこなすしかなかった。

人間の心は日々の大小の出来事でひび割れていく。陶器の金継ぎのようにうまく直せたら前より強くなるところもあるだろうけど、脆いまま欠けたまま使っているしかない時もある。うっすらどこか解らず水が漏れている。

 

でも電話ないと不便よね。文明の利器なのよね。