元うどん

真面目です。

政治の話をするのはめんどくさい

何故めんどくさいかというと、考えがズレている人が必ずおり、考えがずれているとマイナスの感情を喚起する人が必ずいるからで、めんどくさいからとか不都合があるから黙っておこうというのが、私の住んでいる日本での肌感覚ではないかと思う。議論が成り立ちにくいというのはこのあたりだろうか。

私も長い間、政治の話はかなり避けていてネットでもTwitterなどでもあまり書かないようにしていた。

ネットより日常生活のほうがまだ政治について家族や近所や会社の人と話していたかもしれない。工事や施設や施策については社会生活上関わってくる。今度の市長さんは、町長さんは、議員さんは、なんたらかんたらさんが出馬するだとか。田舎は田舎で結構あって、何だこの金の使い方はよぉ!質問にお応えかねますじゃねえんだよ書類も渡さねーってなんだこら!ああん?この業者なんなんだよ!とか色んな人の思惑が交錯する。問題がなくても問題になったり問題があっても問題にならない。そこでオンブズマン制度です…!と言うのもなかなか大変で、自治体でもないところも多い。多い…やめようかこの話は…。

という感じが、最近は新型コロナウィルスのこともあってそうも行かなくなった気がする。コロナ禍で受けることが身近なことになりすぎて、政治に無関心ではいられなくなってきた、とおもう。なぜオリンピックは行われたんだろう?なぜだろう?国民は皆、このコロナでいろんなことが他人事ではなくなってしまったんだろうなあ。

 

 

私は、はてなブックマークユーザーなので若干情報ソースは偏っていると思う。支持政党をあまり持たないように考えてはいるんだけど、長期政権というのはあまり歴史的に考えてよろしくはない…民主主義国家としてやっていきたい。また、適当に福祉や医療やインフラ整備やらうまくやってくれ〜税金できれば安くしてくれ…でも払うぜ!ぐらい。

 

つまり本当はあんまり関心ない。うまくやってくれめんどくさい、という感じなんだと思う。困ってる人にお金が渡ったり制度ができて困らなくなったらいいな、とは思っている。そういう程度なので議論する気も薄い。アベノマスクとかどういうシステムのどういう法律でできたんだろう?ビニール袋の有料化もわからん!憲法とか内閣とかは政経でやった分程度は覚えてるけど…三権分立とかシビリアンコントロールとか国民の代表とか。その程度。投票に行くたび、行かないといけないけど、私程度が行って何が変わるんだろう?と思いながら投票する。私は国民によって政治家は注目されており、真面目に国民に奉仕しないと投票されない状態になるため真面目に平等に政策が決定される……と言う状態がいいな…とおもっている。

でも、地方自治体ですらよくわからんけどあいつが得したぞ〜こんにゃろ〜!とかよく起きているので、難しいことなのだろう…とおもう。

むずかしい。わたしはめんどくさい…。