元うどん

真面目です。

でんわこわい

電話が嫌いだ。嫌いという表現はあまり使わないようにしていて、だいたいは苦手に言い換えている。でも電話は嫌いでいい。自宅にかかってくる電話は特に嫌いだ。便利なツールではあるのはわかっている。

火にかけた鍋を忘れて出る。機械音声が流れてくる。アンケートにしても、音声だと時間かかり過ぎだ。用事の途中に急いで出て物売りだったらイラッとする。電話で売るなよ…何もかもわからない品物なんかに金を使える人がいるのか?ファクシミリで広告流すのもやめろ。一枚とはいえ紙が勝手に使えなくなるんだぞ。

電話の通話も基本短く簡潔にしている。スマホのプランが通話をほぼしない人用なのもあるけど、一分もかからず切る。格安スマホで費用は一月だいたい二千円いかない。

 

身内の要件で、一時期、嫌な相手方から何度も電話を受けねばならなかったことがあった。それから家にかかってくる電話のたびにその事を思い出してうっすらと怯え、身構えて、気分が悪くなる。よほど嫌だったのだと思う。よほど嫌だった。我慢してこなすしかなかった。

人間の心は日々の大小の出来事でひび割れていく。陶器の金継ぎのようにうまく直せたら前より強くなるところもあるだろうけど、脆いまま欠けたまま使っているしかない時もある。うっすらどこか解らず水が漏れている。

 

でも電話ないと不便よね。文明の利器なのよね。

テレビでYouTubeみれるしスマホで道わかる

数年前だけど、物が当たってテレビが壊れたので買い替えた。新しいテレビには最初からNetflixYouTubeやAmazonprimeが見ることができる機能がついていた。録画はあまりしなくなった。プロジェクトランウェイしか見ないのでWOWOWはやめた。高いし。テレビだけでネットの情報に触れることができるのには驚いた。少し危ないな…と思うところもあるが。

 

Kindleの安売り時に、Alexaの機能付きモデルを買った。Alexaにはテレビのレグザのスキルがあるので、話しかけたらテレビを操作してくれる。

Alexaにリマインダーを入れておけば時間になったら知らせてくる。私は洗濯をしたあと干すのをよく忘れるのだけど「アレクサ、二十分後に教えて」でAlexaが時間を教えてくれる。設定次第でゴミの日も朝の時間、餌やりの時間、天気といろいろ教えてくれる。音楽をかけてくれるのが思ったよりよかった。radikoもできるのでラジオも聞ける。

うっかりして私がエアコンのリモコンを3つ行方不明にしたので、スマートボットを導入することになった。リモコンの赤外線のハブのような…音声でAlexaがエアコンやら何やらしてくれる。音声で操作できるのは想像以上に楽。未来に来たなあと時々思う。

 

勧めてもらったHTCのスマホを十数年前に買ってから、私は生活が少しずつ変わった。携帯電話はほぼメール機能付き電話だったけど、スマホは私みたいな注意力散漫な人間には福音だった。地図がある。電車の時間がわかる。予約ができる。調べることができる。私はそれまで一人で遠くに行ったら道に迷って隣の県に行ったり反対の電車に乗っていた。今はそんなことはない。ちゃんとした人間の生活ができる。子供の頃から、いろんな人にうっかりで呆れられていた。髪の毛直してもらったり手を引いて連れて行ってもらうようなダメ人間だった。ほんとにできないことが多かった。私が曲がりなりにもまともぽい生活を送れるようになったのはアプリを開発してくれたりスマホを作ってくれた人のおかげだと思う。カーナビとスマホのおかげで道も迷わない。人とやり取りするのは得意でないけど、LINEの普及で社会的な振る舞いを低コストで出来る。買い物もスマホで必要な情報を調べながら気楽に通販できる。すぐ届くし不便もない。ニーズにあった近隣の店にないものも探せる。生協もネット注文で個配のが毎週届く。

多数の生活上の情報を得るやり取りを、情報の束である人間から得るために、高コストをかける必要もない。ミニマル。もちろんいいことばかりではないけれど、自分がこんなふうにまあそこまでひどくない感じで生きていけるとは思ってなかった。同級生に、へっぽこ過ぎて部屋で埋まって死んでそうと言われて反論できなかったのだ。そんな程度のことでも自尊心が減る。自分の部屋はきれいにしています…。

 

家にあるプレステのナンバリングがもう良く解っていない。4?FFも今はいくつ?Minecraftダンジョンズって何?ついていけてない。Twitterはまだしも、InstagramやDiscordとかは良く解らない。このはてなブログもそうだが、惰性でメモする以外の使い方もできていないし、する元気がない。試験勉強をせねば。家のことをせねば。しごと…ねむい。便利なもので浮いた時間を費やし生きる。新しいものを導入する不便さと便利さの天秤がうまく合わなくなったら導入も難しくなるのだろうか。

 

それはそうとヴァーチャルリアリティでするゲームは楽しみにしている。Kinectは潰えたが、期待している…健康を気をつけていつまでもゲームできるように筋トレしている!弓で暗殺したい。楽しみだなぁ。あと数年かな!わくわく!

口を揃えて人を罵倒する兄妹

子供の頃に近所に住んでいた兄妹に時々からかわれていた。可愛らしい整った顔の二人だった。同じ顔の同じ口調で、デブデブ、太い太い、その足、キャハハハと人の体をからかう。とても楽しそうだった。私は自分を恥じていたので黙っていたのと同時に、二人の独特な執拗さと表情の歪み方に気味の悪さを感じた。

 

夏祭りの時に二人の母親を見た。遠目でわかるくらいには太っていた。二人と話していて、三人は笑い合っていた。夕日と提灯に照らされたやさしい家庭の姿。

そこに父親であろう人が合流した。そして、兄妹と同じそっくりの顔で笑いながら、母親に向かい何かと口を開けていた。母親は下を向いた。

 

私はその兄妹を可哀想に思いつつ、邪悪なものと思ってその後は関わらないように考えた。