熱中症になった時のこと

産まれて初めてひどい熱中症になったので記録しつつ同時に注意喚起になったらいいなと思って書く。

一日目 熱中症発症して寒気がして熱が39度出る

15:00あたりに屋外での活動を40分位、15分間に5分ずつ位休憩を挟んでしていました。水分補給のためにお茶のペットボトルを二本のんだ。帽子もかぶっていた。途中で今日はすごく暑いな、と思ったのは覚えている。若干睡眠不足だった。

16:00~17:00は家族を病院に連れて行ったりしていて涼しいところにいた。その時から風邪引いたかな?しんどいーと思っていた。用事が終わってから帰宅してソファに座っていたら段々すごい寒気がして気持ち悪くて動けなくなった。家にいた家族に頼んで体温計を持ってきてもらったら39度の熱が出ていた。寒いのに熱い。

水分は取れていたのとおしっこは出ていたのと39.0だったので病院は行かず。熱くて熱くて眠れなかった。手足が白くなっていて爪が白かった。

この時点で水風呂に入ったら良かったなと今は思う。保冷剤だけでは体は冷えないみたいだ。深部の体温が上がっているのを下げようと思うと、水風呂がいいそうです。https://nettyuusyo.com/cold-shower-cooling/

夜中熱くて眠れなかった。

二日目 全身が熱い 頭痛と背中と肩こりがすごい

朦朧としてあまり覚えていないけど39.0の熱がずっと続いていた。水分をカバカバ入れておしっこジョージョーしていた。夜中に朦朧としながら食パン三枚むしゃむしゃ食べた覚えがある。肩と頭と背中が肩こりのすごく痛いバージョンみたいになった。なんでだろう。夜中熱くて痛くて眠れなかった。

三~四日目 熱が下がったけど関節がむちゃくちゃ痛い

微熱程度になったので治ったかな、と思った。でも何故か両手首の関節と腰がすごく痛い。痛すぎて布団から起き上がれない。腰が痛いので手で支えようとすると手が痛い。八方塞がりである。ブラジャーができない。ペットボトルも開けられない。頭洗うのも激痛。ギギギ関節…なぜ?検索しまくるもわからない。両手首に湿布を貼る。

家族に申し訳なくてペコペコペコペコする。もともと自分は役に立たないヘッポコだという感覚があるんだけど支える側の筈がこんなに迷惑をかけてしまうとは…情けなくて死んだほうがいいのでは…みたいな気持ちになるけど死んだら余計めんどくさいだろうな…とか逆だとそういうふうには思わないだろうからやめよう…とか考えていた。今思うと手分手が痛すぎて何もできないと思う。すごい手が痛かった。夜やっぱり眠れない。日中暇すぎてソリティアしていた。ソリティア以外何もできない…痛い。

五日目 また熱出た 病院に行く

熱がまたぶり返したのか38.4くらいになる。手と腰と肩と頭が痛い。関節に加えて手足の筋肉も痛い。もう耐えられませぬ!と思って病院に行く。

前傾姿勢でギギギ…と言いながらゆっくりゆっくりペタペタ歩いていたら知らないおばあちゃんに気の毒がられた。血液検査の結果が出るまで暇だし点滴しよう!と先生が言うので点滴してもらった。血液検査の結果は炎症がめっちゃおきてる以外は健康そのものだった。前よりコレステロール下がって正常値になってた。

何をするにも全身が痛い。椅子に座るたびに太ももにズギューンて痛みが走る程度なのでウオーとかギャーとか言いながら生活していた。バトルクライである。

手がきちんと動かないので字も書けない。個封装のものを開けるのが全然できなかった。痛すぎて筋肉の部位を覚えた。

六七八日目 関節と筋肉が痛すぎる 謎の中腰

痛みが少しずつ、筋トレしすぎた筋肉痛の二倍くらいまでになった。薄皮が剥がれるように回復していった。もっと劇的に回復していいのよ!?とおもったけど多分年齢のせいでのんびりしか回復しないのだ。中年は回復が遅い。中年は自重するべきだな…。

九・十日目 うっすら痛いけど大丈夫だ

なおったぽい。まだ痛いけど字はかける。

まとめ

熱中症から身を守るために、何より大切なのは・・暑さを避けることです。水分をきちんととることは大切ですが、スポーツドリンクさえ飲んでいれば、熱中症を予防できるとは絶対に思わないでほしい」。https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/304388.html

 

暑さを避けるべきだった。「休憩してるから大丈夫~」って思ってたけどクソ熱くなって体の仲間で熱がこもっている時に十分くらい少し涼しいところにいても表面が冷えるだけだ!アイス食えばよかった!無理!暑さを避けろ!バカバカ私のバカ!とても反省している。十日かかった。めっちゃしんどかった。